分娩中に骨盤軸整体を施術する効果とメリットについて

骨盤軸整体の世界

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

骨盤軸整体は場所や時期などシチュエーションを選ばずに施術ができるというのが大きな特徴でもあるのですが、特に最近は助産師が分娩中に使用して効果を上げている事例を多くいただいています。

そもそも分娩中に整体なんてできるのか?
従来からあるただ押したり揉んだりほぐしたりするだけの整体では無理かもしれませんが、骨盤軸整体なら十分に可能です。
一介の整体師に過ぎない僕は当然分娩室に立ち入ることはできないためそのようなタイミングでの施術を経験したことはないですが、実際に施術を経験した助産師の方々からいただくメッセージやレポートによると、どうやら皆さん興味深い結果を色々と体験されているようです。

例えばこちらの方とか。

セミナーに参加された翌日に、早速分娩中にトライしてくれました。
実際に施術を受けた妊婦さんも自分で施術の効果を実感できたようですね。フィードバックがあると嬉しいですよね。

 

感想メッセージ01

こちらの方もセミナー受講翌日に、同じく無痛分娩の妊婦さんに施術した様子を伝えてくれました。
無痛分娩でも怒責をしっかり掛けられるようになるというのは興味深いですね。
お産もスムーズに進んでよかったです。

 

分娩時の骨盤軸整体の施術については認定マスターインストラクターの村山早希先生が積極的に取り組んでくれているのですが、彼女が主催している骨盤軸整体の体験セミナーでもご自身が実際に分娩中に施術をした際の体験談を話してくれています。

以下の動画でも取り上げています。

 

なぜ分娩中に骨盤軸整体を施術することでお産がスムーズに進むのでしょうか?

骨盤軸整体の施術を受けることで、その部位の筋肉を身体が正しく使えるようになります。
分娩時の姿勢や体位によって施術する部位は違ってくると思いますが、適切な部位に対して施術することで分娩時のいきむ動作の際に力を入れやすくなることが考えられます。

また、骨盤軸整体のポジションの中にはインナーユニットの連動性を高めて腹圧を掛けやすくしたり、呼吸を深めるような施術効果を導くものもあるので、そのような施術を行うことで自然と怒責がかかりやすくなるのではないでしょうか。

いずれにしろ僕は分娩時の施術をした経験がないのであくまでも推測ですが、まずは結果につながっていると言うことがそれらを物語っていると思います。
ただの偶然なのか、そうでないのか、それらは今後の検証によって明らかになるかもしれません。

 

いかに助産師とはいえ、どうしても分娩中にできることは限られていると思います。
なかなか産まれなくって、妊婦さんもいきみ疲れて、万策尽き果てて、あとは吸引までの時間をただ見てるだけしかできない、、、

そんな時に骨盤軸整体が何かのお役に立てるならば、それは開発した僕にとっても嬉しいことです。
そして骨盤軸整体によって助産師の業務の可能性がさらに広がり、さらに多くの妊婦さんが安全に出産ができるようになると言うのであれば、ぜひともそんな未来を切り開いていきたいと思います。

 

もちろん全ての分娩に対して骨盤軸整体が効果があるというわけではないでしょう。
出産のプロセスには様々な様子が絡んでくる問題だと思うので、安易に「骨盤軸整体で安産になる!」という結論を導き出すことはできません。
実際に臨床の場で経験を重ねていった上で検証していくことがまだまだ必要だと思います。
そしてそのためには、たくさんの助産師さんの協力が必要になってきます。

これからも多くの助産師が骨盤軸整体を身につけ、活用してくれることを願っています。

助産師が骨盤軸整体を学ぶメリットについては、こちらのページも参考にしてください。

助産師に最適化された整体メソッドを学べる骨盤軸整体セミナー

 

ちなみに村山早希先生ですが、インスタグラムで骨盤軸整体を学んだ助産師のためのオンラインサロンを主宰してくれています。

骨盤軸整体 for MidWife

整体師とはまた違った目線での骨盤軸整体の活用方法がたくさん紹介されていて、僕にとっても勉強になることが多々あります。
骨盤軸整体のセミナーを受講済みの方が対象ですが、骨盤軸整体をより活かしていきたいと考えている助産師やセラピストの皆さんは参加してみてはいかがでしょうか?

参加申し込みや詳細はこちらからどうぞ。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP