なぜ次回予約の提案が必要なのか?〜施術者としての責任を果たすということ

骨盤軸整体の世界

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

クライアントの次回予約や通院ペースについて、セミナー参加者から質問を受けることがよくあります。

クライアントにどのようにして通院を提案すればいいのか、どのように会話を切り出せばいいのかといった直接的な問題から、そもそも整体で通院する必要があるのか、強引に通わせたり押し付けるようで後ろめたい、といった根本的な問題まで、色々と悩んでいる方が多いような印象を受けます。

クライアントの通院と継続的な施術について、どのように考えていけばいいのか。

今回はそんな話をしていきたいと思います。

 

まずはそもそも整体で何回もの通院が必要なのかという点についてですが、基本的に整体というのは一回の施術で永久に効果が続くものではなく、ある程度の回数を重ねていくことで身体を改善させて効果を継続させていくものです。

ですからリラクゼーションような慰安目的の施術でない限り、継続して施術することが必要であると言えます。

中には一回の施術で腰痛などの痛みが消失するようなケースもありますが、それは痛みを出している筋肉が施術によって一時的に緩和しているだけのことが多く、本質的な改善とは言えない場合がほとんどです。

これは私たちの骨盤軸整体だけでなく全ての整体テクニックに言えることですが、特に腰痛や肩こりといった不定愁訴の改善を目的とした整体の施術であるならば、本当のゴールは単に痛みを取ることではなく、本質的にその痛みを発生させている原因を改善し、同じ痛みを繰り返さない身体を取り戻していくことになります。

整体師としてクライアントの「痛み」にどのように向き合うべきか

人体というのは外的な刺激で一度に大きな変化を得ることは難しく、本質的に何かを変えていくためには継続的な刺激を一定期間にわたって受け続けていく必要があります。

例えばスポーツジムに通い始めてトレーニングを実施しても翌日にムキムキマッチョな身体になることはないですし、ダイエット目的でパーソナルトレーニングを受けても1日で何キロも体重が落ちていきなり理想的な結果を得ることもないでしょう。

それと同じで整体の施術であっても、本質的な変化に基づく改善を求めていくためには、ある程度の回数が必要となってくるのです。

 

そして継続した施術で本質的な改善を目指していくためには、目的を実現していくための具体的なメニューを構築していく必要があります。

先程の例えに出てきたスポーツジムやパーソナルトレーニングであっても、最大限に効果を得るためには専任のトレーナーに自分の目的に向けて最適なメニューを組んでもらう必要があります。

整体であってもそれは同様で、先述したとおり整体の施術が一回の施術で永久に続く効果を提供できない以上、クライアントの身体を改善させるための具体的なプログラムを組み立てて提案するのは当然のことであり、むしろ施術者としての責任を果たすための義務といっても過言ではありません。

クライアントの身体の悩みを解決し、同じ症状を繰り返さない理想的なコンディションに改善させていくためにはまずクライアントの状態を正確に把握し、改善していくための具体的な施術パターンの組み立てから通院ペース、状態に応じたエクササイズの提案など、改善ための施術スケジュールを構築して示し、クライアントと計画を共有していかなくてはいけないのです。

それを行わずに「次回はいつでもいいですよ」「また痛くなったらきてくださいね」「次回来院するかどうかはお任せします」というのは、一見クライアントの都合や意思を尊重しているように見えますが、実際にはクライアントの身体に対する責任を回避し、二人三脚で共に改善まで歩んでいくという意思を放棄している発言となります。

貴方にそんなつもりはなくても、クライアントの心にはそう響きます。

 

例えば貴方が歯が痛くて歯医者さんに行ったとします。

口を開け、ドリルで削られ、口内を洗浄し、ひととおりの治療が終わったあとに、

「上の歯の奥から○○番目が虫歯でした。今日は削って詰め物をしておいたので、次回は型を取って銀歯を被せようと思います。だから次回は次の△曜日に来てください」

という説明があるのが自然ですし、貴方もそれを当たり前だと思うのではないでしょうか。

しかしもし、治療の後に症状や今後の予定の説明も無く、あげくに「次はいつでもいいですよ」「来院するかどうかはお任せします」などと言われたら、貴方はどんな気がするでしょうか。

心細さや不安、しいてはその先生への不満や失望を感じるのではないでしょうか。

整体に来るクライアントもそれと同じです。

対価を払って自分の身体を任せた以上、自分の身体に対してどう向き合い何をしてくれたのか、そして今後どういう流れで改善までの道筋を立ててフォローしてくれるのか。

そういった情報を自分と共有してもらえることを何よりも期待しています。

 

実際に当院に来院される方でも、特に産後の身体の改善を望んでいるママさんはある程度継続して施術を受けることに対して事前に理解している方がほとんどです。

だからといってもちろん悪戯に通院回数を長引かせることなく、言わば最短の期間と最小の回数でクライアントの身体を改善していくためには、その施術の持つ特性を最大限に発揮できる来院ペースでメニューを構築し、それによる目標実現の意識をクライアントと共有していかなくてはいけません。

目的も目標もなく単に継続してもらうがために次回予約を取るように勧めるのは論外ですが、明確な改善スケジュールをクライアントと共有した上での提案であれば、それは決して示してクライアントにとっても失礼であったり不快なものではなく、むしろ信頼関係を構築していくための重要な要素となります。

 

私たちの仕事は単に施術を提供することではなく、その施術を通してクライアントの悩みとなる症状を改善させ、さらに同じ悩みを繰り返さないような身体に変えていくことです。

そのような本質的なミッションを見落とすことなく、どうしたら目標を実現していくことができるのかをしっかり考え、クライアントと二人三脚で共に進んでいく覚悟を持ちながらベストを尽くしていく。

それこそが本当の意味で整体師としての責任を果たすことにつながるのではないでしょうか。

 

骨盤軸整体のセミナーでは施術メニューの構築方法から通院ペースの策定方法、そしてクライアントと目標意識を共有するための具体的な伝え方などをアドバンスセミナーにてお伝えしています。

最高品質の施術テクニックを最高の改善ペースでクライアントに伝えていくために、セミナーで得ることのできる知識をぜひご活用ください。

骨盤軸整体アドバンスセミナーのご案内

 

ベーシックセミナーのスケジュールはこちらから。

骨盤軸整体ベーシックセミナーのご案内

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP