骨盤軸整体スクール

産前産後の女性のための全く新しい骨盤矯正テクニック

骨盤軸整体の世界

骨盤軸整体で腹直筋離開を改善していくためのアプローチとは?

腹直筋離開とはどのような症状か

腹直筋離開と骨盤軸整体腹直筋離開、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

腹直筋離開については従来、整体業界でその名前が取りざたされることはほとんどありませんでした。

しかし近年、マタニティ整体や産前産後ケアなどが一般化してきたことで、その名前や症状について知られることが多くなったように思われます。

 

腹直筋離開とは、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で腹直筋の中心に走る「白線」という腱が緩み、そこから腹直筋が裂けて(離開)しまう症状です。

症状の程度に差はありますが、妊娠女性のおよそ9割に発症すると言われているほど身近な症状でもあります。

軽度であれば産後半年ほどで自然と戻る場合が多いのですが、重度になるとおヘソが出てきたり(臍ヘルニア)裂けた部分から小腸が脱出したり(腹壁ヘルニア)といった重篤な症状を引き起こす場合もあります。

 

もちろん、女性にとっては最も気になるであろう「見た目」にも大きく影響を与えます。

程度にもよりますが、腹直筋離開がある女性のお腹は産後しばらくたってもお腹が突き出たように膨らんでいる場合が多いです。

中には、妊娠中と同じくらいにぽっこり突き出してしまっている方も見受けられます。

「体重は元に戻ったのだけど、産後のぽっこりお腹がなかなか戻らない・・・」という方がいらっしゃる場合、腹直筋の離開を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

そして問題の本質は「見た目」だけではありません。

腹直筋離開があることで女性の身体に様々な問題が発生しますが、中でも最大の問題は「インナーユニット」と呼ばれる身体構造をうまく使うことができず体幹を安定させることができなくなることです。

そのため産後の回復が大きく遅れ、更には腰痛や肩こり、疲労感などの不定愁訴に悩まされることが多くなるのです。

 

腹直筋離開とインナーユニットの問題とは

 

産後の骨盤矯正とインナーユニットプロメテウス 解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 より引用

ヨガやピラティスの経験がある方は、インナーユニットという言葉に聞き覚えがあるかもしれませんね。

インナーユニットとは、胴体の深層部の4つの筋肉、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋の総称です。

このインナーユニットの最大の役割は、腹圧をコントロールして体幹を安定させるということです。

4つの筋肉を連動して収縮し、インナーユニット内部の空間の内圧(腹圧)を上昇させることで、体幹壁は空気がパンパンに入ったバスケットボールのように硬くなります。

そのような内部の圧力空間を利用して体を支えることで、腰椎にかかる負担を30%〜50%も軽減することが可能となります。また、重いものを持ち上げるような時にも身体を支えて負担を軽減させます。

 

通常の場合、私たちは姿勢を安定させるためにインナーユニットを無意識のうちにおよそ30%程度の力で使っています。

インナーユニットを使うためには4つの筋肉を連動して収縮することが必要ですが、しかし産後の女性はそのうちの2つの筋肉である骨盤底筋と腹横筋が伸びてしまっているため、インナーユニットを効率よく使用することができません

そのため腰椎や腰背部の筋肉の負担を分散させることができず、痛みを発生させたり、猫背や反り腰を助長します。赤ちゃんを抱っこする際などにもすぐに腰が痛くなったりします。

さらに腹圧をうまくコントロールできないために尿もれの原因となったり、内臓を安定して支えられないので産後も下腹部がぽっこりした状態が長く続いたりします。

よって産後のボディケアとしては、インナーユニットをしっかり効かせることのできる体を取り戻していくことが重要なテーマとなるのです。

高円寺駅前整体院  –  産後ボディは骨盤矯正だけでは戻らない!?正しく戻すためのポイントを徹底解説! より引用

 

上記のように産後ボディケアにはインナーユニットの機能回復が重要なのですが、腹直筋離開が発生することで腹筋群を正しく使うことができなくなり、インナーユニットを機能させる際の重篤な阻害要因となるのです。

逆にいうと腹直筋離開に起因する産後女性の不調のほとんどは、このインナーユニットが使えなくなることが原因であると言っても過言ではありません。

腹圧を高めることができないため姿勢維持の際に脊柱や固有背筋への負担が大きくなり、肩こりや腰痛などが発生しやすくなり、また少しの運動で疲れたり、赤ちゃんの抱っこが辛くなるなど、インナーユニットの機能低下は産後QOLの低下に大きな影響を与えるのです。

骨盤軸整体で「腹直筋離開の改善」のその先を目指す

腹直筋離開と骨盤軸整体

そして更に問題なのは、単に腹直筋離開を改善しただけで産後の女性がインナーユニットを正しく使えるよう元に戻るわけではない、ということです。

インナーユニットを正しく使うためには腹直筋理解の改善が必須なのですが、たとえ腹直筋離開が改善したとしても、産後の女性の体に特有である「重心の揺り戻し」の影響を受けて、身体はインナーユニットの正しい使い方をほぼ完全に忘れてしまっています

だから我々としては腹直筋の離開を改善するのと同時にインナーユニットの正しい使い方を導き、本来の正しい身体の使い方を思い出させるように働きかけていかなくてはなりません。

しかし当然、腹直筋の離開を改善するためにはそれ相応の日数が掛かります。

今日エクササイズを指導したからといって、明日いきなり服直筋離開が改善するわけではありません。

日常生活において支障のないレベルまで戻るためにはそれ相応の日数が必要となってしまいます。

 

そもそも腹直筋離開に対するアプローチの真の目的は「離開を改善する」ことそのものではなく「離開を改善することで、本来の身体の使い方を取り戻す」ことだと言えます。

だったらその「改善するまでの間」をどうやってフォローしていけばいいのか?

インナーユニットが使えない間、どのような身体の使い方をしてもらえば最小限の負担だけで済むようになるのか?

 

そのために私たちの骨盤軸整体が必要となるのです。

骨盤軸整体が腹直筋離開の女性の身体をサポートする

骨盤軸整体の9つのポジション

骨盤軸整体では9つのポイントに対して特別な調整をおこなうことで身体機能を回復し、重心の揺り戻しによって崩れてしまった体幹を支える感覚を回復させることができます

腹直筋離開の女性に効果が高いのは「腹筋群」と「丹田」のポイントで、特に「丹田」へのアプローチが腹直筋離開の女性に対しては効果が高いです。

POINT1:腹筋群へのアプローチ

骨盤軸整体で「腹筋群」に対してアプローチすることで周囲の筋肉との連携性が高まり、身体はより効率よく腹筋群を使うことができるようになります。

そのため広がってしまった白線への負担が軽減し、白線にダメージを与えることなく腹直筋を使うことができるようになるため、腹直筋の離開部分の回復改善が早まることが期待できます。

「腹筋群」に骨盤軸を通した動画です。

必要以上に力むことなく腹筋の力を出すことができるようになります。

POINT2:丹田へのアプローチ

「丹田」という言葉は東洋医学や武術などで用いられることが多いのですが、場所としてはヘソから5cmほど下部の奥にある体の中心部を指します。

丹田という名の具体的な臓器があるわけではなく、あくまでも概念としての抽象的な定義なのですが、東洋医学では気を貯める場所、気を練る場所などと表現されていて、丹田を意識することで様々な健康の増進につながると言われています。

西洋医学的に見ても丹田の位置は人体の「重心(中心)」にあたるため、ここを意識することで下半身が安定します。

骨盤軸整体で丹田に骨盤軸を通すことで、クライアントは意識せずとも丹田に力を込めて体を動かすことができるようになります。

それによって下半身の安定性を向上させることが可能となり、腹直筋離開が改善するまで正しく使うことができないインナーユニットの代わりに体幹を安定させることが可能になるのです。

「丹田」に骨盤軸を通した際の動画です。

特に力を入れなくても下腹部を安定させることが可能となります。

腹直筋離開について、正しい知識を得るために

腹直筋離開と骨盤軸整体

先述した通り、腹直筋離開は産後の女性の身体機能回復に大きな影響を与えます。

しかし腹直筋離開について詳しく学ぶことのできる場があまりないため、正しい知識を持った治療家やセラピストがまだまだ少ないのが現状です。

むしろ腹直筋離開についての知識がないために、本来は禁忌であるようなタイプの無理なトレーニングを課してしまい、結果クライアントの腹直筋離開の症状をさらに悪化させてしまうような残念なパターンも多く見られます。

(当院に来院されるクライアントの中にも、このような目に遭って症状を悪化させてしまった方が多いです)

助産師の皆さんにとっても、主に産後の女性の悩みとなる腹直筋離開についてはまだまだ理解が進んでいないというのが実情ではないでしょうか。

 

冒頭でも書きましたが、妊娠女性のおよそ9割に発症すると言われている症状です。

この腹直筋離開への対応や対策を知らずして、産後のボディケアは成立しないと言っても過言ではありません。

 

当スクールでは骨盤軸整体アドバンスセミナーにおいて、腹直筋離開への具体的なアプローチ方法をお伝えしています。

助産師の方や産後の女性を対象にして活躍されているセラピスト、治療化の皆様にとって、きっと有用な学びになると自負しています。

表面だけにとらわれない、本当の意味での産後女性の身体機能の回復のために、私たちの骨盤軸整体をぜひお役立てください。

骨盤軸整体セミナーのご案内

骨盤軸整体セミナーのご案内はこちら


error: Content is protected !!