柔と剛の使い分けがテーマ!第一回アラウンドバースメソッド練習会を開催しました

セミナーレポート

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

昨日は認定マスターインストラクターの石田先生を講師に迎えて、アラウンドバースメソッドの練習会を開催しました。

アラウンドバースメソッドというのは僕が骨盤軸整体を開発する前に主宰していた「アラウンドバースボディケア・スクール」で指導していた整体テクニックで、虚血圧迫法を使用して全身のトリガーポイントに対して施術をおこなうトリガーポイント療法をベースに、産前産後の女性の身体の変化に合わせて最適化したメソッドです。

もう少し簡単にいうと、強圧で全身の筋肉を緩めていくスタイルの整体ですね。
骨盤軸整体は従来の整体の概念からはかなり外れたものではありますが、こちらはいわゆる一般的な整体のスタイルに近い施術です。

強圧ではありますがよくある「揉み解す」タイプの施術ではないため、施術後のもみ返しのような不快な症状も残ることもなく、全身のトリガーポイントに刺激を入れていくことでしっかりとした「やってもらった感」を伝えることができるので、施術を受けた後の満足度が非常に高いのが特徴です。

骨盤軸整体は触れるだけで施術可能なのが大きなメリットの一つでもありますが、その反面、強圧を希望しているクライアントには物足りなく感じられてしまうこともあるため、強圧のアラウンドバースメソッドと組み合わせて使用することで満足度を高めながら確実な結果を出すことが可能になります。

「アラウンドバースボディケア・スクール」は現在は一般向けには開催されていませんが、骨盤軸整体セミナーの受講者を対象に全3回のスポットセミナーとして「アラウンドバースメソッド・セミナー」として不定期での開催をおこなっています。
今回はそれらのセミナーの受講者向けに開催された練習会でした。

アラウンドバースメソッドにはマタニティ向け、産後女性向けの2つのパターンがあるのですが、今回は主に産後女性向けの施術パターンを復習してもらいました。

1日のセミナーで誰でも習得できてしまう骨盤軸整体とは違い、いわゆる一般的に整体と呼ばれるジャンルに属するメソッドなため、完全な習得にはそれなりの経験と反復練習が必要になります。

セミナーでお伝えしてから2ヶ月近くが経過していましたが、参加された皆さんも実戦で活用されていた方も多く、比較的スムーズに施術を行っていくことができていました。

今回講師をお願いしたマスターインストラクターの石田先生は現役の助産師ですが、骨盤軸整体とアラウンドバースメソッドを組み合わせてご自身でも出張で整体を開業し、たくさんの産前産後のママさんへのケアとサポートを実践されています。

セミナーでは実際に石田先生が現場で具体的に使用しているパターンを伝えてくれるので、より実戦に即したスタイルで学び、身に付けることができますし、石田先生が臨床の中でアップデートした知識や技術面もあらためてこの練習会で伝えていただくこともできて、かなりお得な練習会となりました。

いうならば柔と剛。
骨盤軸整体とはまた違う方向性からのアプローチになりますが、ポイントで使い分けていくことで施術の幅が広がり、より多くのクライアントに対して満足度と効果の高い施術を提供できるのではないかと思います。

練習会に参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
開発した僕にとっても皆さんの学びに積極的な姿勢に触れるのは大きな刺激になりますし、皆さんが骨盤軸整体を学び、身につけたことでより大きな可能性を広げていくきっかけに繋がってくれたら何よりも嬉しく思います。

一人でも多くの産前産後の女性に笑顔と感動を広げていくために。
これからもよろしくお願いいたします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP