インストラクターと共にメソッドの完成度を高めていく|体験セミナーレポート(2021.12.11)

助産師×骨盤軸整体

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

昨日は認定マスターインストラクターの阿部早希先生による骨盤軸整体トライアル(体験)セミナーが開催されました。

早希先生が主催する体験セミナーは6月からおよそ半年ぶりの開催でしたが、しかしさすがの早希先生、告知開始とほぼ同時のあっという間にほぼ満席になってしまったそうです。

早希先生の日頃の発信力の高さはもちろんですが、助産師をはじめとする周囲の方々の骨盤軸整体への関心の高さも伺われます。

コロナ禍で体験セミナーの開催もなかなか思うようにいきませんでしたが、少しづつでも周囲の期待に応えていけるようにスケジュールを組んでいきたいですね。

参加者は助産師3名とセラピスト1名、そして鍼灸師の先生が1名。

男性や赤ちゃん連れのママさんも含めて計5名の参加となり、和気藹々と開催されました。

座学では骨盤軸整体の基本的な説明ももちろんですが、現役の勤務助産師でもある早希先生がどのようにして骨盤軸整体に出会ったのか、骨盤軸整体を学んで何を見出し、どのようにして自分の武器として活用するに至ったのかといったストーリーを軸に話を組み立てて進行していきます。

それはいわば「学び身につけた側から語られる骨盤軸整体」であり、僕のようなセールス側からの発信とはまた違ったリアルや共感につながるのではないでしょうか。

何より本当に骨盤軸整体を学びたい人たちはそういった「これを学んだら自分に何ができるのか?」といったリアルな話を求めているでしょうし、あらためてそのようなサイドからの情報発信の場である体験セミナーというのは貴重な役割を果たしてくれていると考えています。

こちらは参加者唯一の男性への施術の一コマ。

あくまでも周産期女性のために開発された骨盤軸整体ですが、男性に対する施術はもちろん、出産未経験の女性や子供であっても施術の効果を実感していただけます。

それは産後の重心の揺り戻しとはまた違って、あくまでも日常の生活習慣の中で崩れたバランスや身体感覚を正しく取り戻すという考え方につながるのですが、そのような子供の姿勢改善やスポーツ選手のコンディショニングに骨盤軸整体を活用しているインストラクターの方も多く、骨盤軸整体の一つの可能性として大いに期待できると言えます。

産後6ヶ月のママさんは、特にお腹への力の入り具合の変化を実感されていたようでした。

もちろん産後の身体の変化は千差万別ですし、時間の経過や産後の生活スタイルによっても身体への負担や影響は刻々と変化していきますが、骨盤軸整体では想定し得る産前産後の不調の全てに対応できるようメソッドを体系化して組み立てているので、クライアントのどのような症状にも対処することが可能です。

もちろんそうは言っても僕自身が全ての産前産後の不調を経験しているわけではないですし、特に分娩の臨床の現場においては整体師の僕には想定もできないような事例も多数存在していると思います。

そのような問題を解決するためにも早希先生をはじめとした助産師のインストラクターの活動協力は不可欠であり、助産師からの臨床報告によってメソッドをより強固に補完することができていると言っても過言ではありません。

インストラクターと二人三脚で完成度を高めていくメソッドであることが骨盤軸整体の最大の強みであり、そのような共に経験値を深めていくことができるインストラクターの存在こそが骨盤軸整体の何よりの財産であると自負しています。

最後に集合写真もパチリ。

赤ちゃんもいい子にしてくれていて、皆さんの癒し役になってくれていました。

早希先生も、参加いただいた皆さんも、お疲れ様でした!

これからも骨盤軸整体をよろしくお願いいたします。

 

骨盤軸整体では認定マスターインストラクターによる体験セミナーを開催しています。

こんな時期だからこそ笑顔で踏み出していけるよう、前に進む勇気と希望を伝えていけるよう、骨盤軸整体で笑顔と感動の輪を広げていけたらと考えています。

現状を変えていきたい、あたらしい世界に踏み出してみたい。
そんな思いを実現したい方はぜひ骨盤軸整体の体験セミナーにご参加ください。

骨盤軸整体トライアル(体験)セミナーのご案内

皆様のご参加をお待ちしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP