「骨盤矯正」という名称を使用するのが望ましくない理由を知っていますか?

ブランドの構築化

「骨盤矯正」という名称の使用について考える

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

産後の整体にかかわらず世の中の整体院やサロンでは「骨盤矯正」という名称が溢れていますが、施術メニューとしてその名称を使用するのはあまり望ましくありません。

意外と知られてないことですが「骨盤矯正」という単語は、とある整体院によって商標として登録されています。
(どこの整体院かは記載しません。気になる方は「骨盤矯正 商標」などで検索してみてください)

そしてその整体院では整体の講座も開催していて、その講座を受講した人に対して正式に「骨盤矯正」という単語を用いる権利(商標使用権)を貸与するというビジネスを展開しています。

つまり故意かどうかに関わらず、自院のメニューで「骨盤矯正」という名称を使用していると、ある日突然に商標の使用停止と今までの使用に対する損害賠償請求の訴状が届く可能性があるということです。

 

商標を取得するってどういうこと?

自分の開発した商品などに対して商標を取得するのは、権利の保護として当然のことです。

余談ですが当協会においても「骨盤軸整体」という名称に商標を取得していますし、それの違反に対しては正しく権利を行使していく所存ではあります。

とはいえ「骨盤矯正」という限りなく一般名称に近いニュアンスを持つ単語に商標を取得することについては意見の分かれるところだと思いますが、得てして世の中にはそういったビジネスは存在します。

特にお隣の中国では「富士山」や「コシヒカリ」といった我々日本人にお馴染みの名称が現地の企業によって商標登録されてますし、数年前に「無印良品」という商標を取得している中国現地の企業に日本の本家本元の無印良品が敗訴した、なんてニュースも記憶に新しいところです。

もちろんこの「骨盤矯正」の商標を持つ権利者がそうだというわけではありませんが、諸状はどうであれ商標というものがある以上は取得者には一定の権利はあることは否めませんし、それを上手く使ってビジネスに嵌め込む人たちがいるのもまた事実です。

 

現実として本当に訴えられるの?

骨盤矯正の名称を使用してると本当に訴状が届くのか?

これについてはいわゆる著作権侵害は親告罪なので、被害者(権利者)が告訴することで発生します。

基本的に骨盤矯正という言葉自体を使用するだけで罪に問われることはありません。
だから訴訟になるのか、罪になるのかというのは訴える側次第といえます。

そして骨盤矯正という言葉がここまで野放図に使われ拡散している現状を鑑みるに、現時点で権利者(商標を持っている整体院)が商標を適切に管理しているとは言い難い状況であるといえます。

おそらく権利者にとっても全ての著作権侵害を把握して個別に対応するのは実質不可能でしょうし、今さら骨盤矯正という言葉を使用している治療院を個別にピックアップしていちいち訴えるというのは現実的では無いと考えられます。

ただ現時点においてはその権利者(整体院)はあくまでも自身が商標の保有者であることは明示していて、「商標を持っている当院の骨盤矯正だけが本物で、それ以外の世間一般の骨盤矯正は全て当院の真似をした偽物です」というスタンスで意見を表明しています。

つまり商標の使用に関する管理はしないけど、世間で骨盤矯正という名称が広がれば広がるほど、かえって商標所有者である自分の「格」が上がるように見せかけて喧伝しているようです。

 

バレなければ使っても良い?

なんだ、それなら訴えられることもなさそうだし、使っちゃっても良いじゃん!

そう考える方もいるかもしれませんが、今現在はそうであっても権利所有者が今後どういうスタンスで権利を行使してくるか分からない以上、安易なリスクは取るべきではないと思います。

そもそも自分のビジネスてにおいて他人の商標を無断で使用するというのはモラルに反する行為であり、真っ当な事業者として行うべきことではありません。

それに今回の権利者が主張しているケースのように、自分がどんなに頑張って骨盤矯正を広めてもそれが他の誰かの「格」を上げる手助けになり、自分自身は偽物呼ばわりされるだけというのは、自分の頑張りを搾取されてるだけで心情的にもいかがなものかと思います。

それら一切を気にせず、どうせ訴えられないとタカを括って割り切るのであれば無断で使用し続けるというのも一つの考え方かもしれませんが、決してビジネスとして許される行為ではないということは知っておくべきだと思います。

 

そもそも骨盤を矯正するって???

それらの論議とはまた別の話になりますが、。現実問題として付け加えさせてもらうならば、そもそも骨盤が歪んだり、産後に骨盤が開きっぱなしになるということはないのですから、骨盤を矯正するという発想自体が解剖学的に見てナンセンスといえます。

以前記事にもしていますが、そもそも本当に骨盤が開いているのであればそれは大怪我をしている状態であって、とても整体で矯正できるようなものではありません。

【微妙に閲覧注意】骨盤が開くというのはこういうことです

そもそも身体の歪みを外的な力で矯正して痛みや不調を改善する、という発想自体が昭和の時代から変わらない固定観念に過ぎません。

現在では私たちの骨盤軸整体をはじめとした外的な力で矯正しなくても改善可能なメソッドが存在する以上、そのような考え方は絶対的な正しさを誇ることができるものではないと考えています。

時代を超えていけ!昭和の整体と令和の整体の違いとは?!

そのような意味も含めて、もうそろそろ「骨盤矯正」という言葉に頼らない、新しい施術の概念を推し進めていくべきではないかと思うのです。

そこから産後ボディケアも含めた整体業界の、新たな秩序と公平な競争が生まれていくのではないでしょうか。

あなたはいつまで「骨盤矯正」という言葉を使い続けますか?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP