骨盤軸整体スクール

産前産後の女性のための全く新しい骨盤矯正テクニック

臨床レポート紹介

臨床レポート 〜 体幹の前後屈における可動制限や痛みにおける骨盤軸整体の有用性の考察

こんにちは、野田です。

骨盤軸整体協会では協会認定資格を得るために臨床レポート10枚の提出を定めていますが、その中でも読み応えのあるレポートをチョイスして紹介しています。

セミナー受講後に具体的にどのようにして、臨床の現場で骨盤軸整体を活用しているのか。

卒業生の方々が活躍されている様々なステージにおいて、それらの活動を読み取る資料としても一級品のレポートです。

今回は協会認定インストラクターである久我先生からいただいたレポートを紹介します。

(ブログの文章としての文脈を考慮し、一部単語や表現などを改変しています)


骨盤軸整体臨床レポート

提出者

久我徹(整体師、柔道整復師)

 

顧客名

M田様(注:実名は伏せさせていただきます)

 

区 分

その他

 

◆クライアントはどのような症状で悩んでいましたか?

腰痛、後屈、側屈は大丈夫だが、前屈で制限痛みが出る。PC作業で腰から背中に痛みが出る。

PC作業で腰から背中に痛みが出る。

 

◆その症状を改善するために、特にどの部位に骨盤軸を通すことを意識しましたか?

梨状筋→骨盤を立てて良い姿勢を作るために。

内転筋・腸腰筋→しっかり収縮をさせて前屈させるために。

 

◆その部位を選んだ理由を教えてください

上記の目的以外にも骨盤軸整体をおこなってみて、痛みや筋緊張、スパズムの発生要因は筋肉の弛緩が原因だと考えられたため。

その改善のためにはしっかり筋肉を収縮させることをテーマに取り組みました。

 

◆施術をおこなって、骨盤軸の通りはどうでしたか?

梨状筋の骨盤軸の通りが浅かったですが、ハムストリングスを加えたことでしっかり入りました。

 

◆施術後、クライアントはどのような反応でしたか?

前屈がしっかりできるようになりましたが、若干後屈の角度が浅くなりました。

 

◆骨盤軸を通す以外に、クライアントに行うべきと思った施術はありますか?

特になし、全身にも骨盤軸整体の施術をおこないました。

 

◆今回の施術に対しての感想、反省点、今後の課題や改善点など記入してください

骨盤軸整体は、部分部分に通しても効果がありますが、すべてのパートに通すとよりしっかりと骨盤軸が入ることがわかりました。

反省点としてはビフォーの検査は良いのですが、アフター検査は全身すべての骨盤軸整体を通してからおこなった方が良いのかなと思いました。

 

久我先生は愛知県名古屋市でクガ整骨院を営んでいて、産前産後の女性はもちろんですが、スポーツ全般、特に野球をはじめとしたスポーツ障害の改善や運動能力向上を得意とされています。

今回はクライアントの体幹の前後屈について、痛みの改善と可動域の向上について考察していただきました。

筋肉の弛緩が痛みや緊張の原因になる、という考察は耳慣れないものかもしれませんが、これは骨盤軸整体をおこなっていると良くわかることです。

筋肉が正しく働くことができない部位(正しく収縮できない=弛緩している)に痛みが出ていて、その部位に骨盤軸を通すことで正しく筋肉が働き、痛みを改善することが可能となります。

まだまだ検証が必要な考察かもしれませんが、今後様々な臨床を通してより確実なお話をお伝えできると思います。ご期待ください。

 

久我先生、レポートをありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 


error: Content is protected !!