明確に差別化を図り圧倒的な結果を出していく|9月度アドバンスセミナーレポート(2021.9.10)

アドバンスセミナー

こんにちは、骨盤軸整体の野田です。

9/3と9/10の2週にわたって、9月度のアドバンスセミナーを開催しました。

今回の参加者は助産師と助産院で施術をしているセラピストさんの計3名。

いずれも周産期の女性に直接携わる方々ばかりで、アドバンスに参加してもらうことでベーシックで身につけた技術をより有効に活かしてもらうことができると思います。

8月のベーシックに参加されたばかりの方もいて、積極的に学びを深める姿勢は心強い限りですね。

アドバンスセミナーは全2回のカリキュラムとなっていて、

Vol.1では主にPDCAサイクルに基づく施術部位の選定方法と実際に具体的な施術の流れについて、Vol.2では初回施術を想定してのカウンセリング〜次回予約までの一連の流れと、尿もれや腹直筋離開といった産後によくあるマイナートラブルの具体的な改善方法をお伝えしています。

骨盤軸整体アドバンスセミナーのご案内

かなりボリュームのあるセミナーなので覚えることも多く、得た知識を消化していくのも大変かもしれませんが、その分しっかりと身につけ、自身の業務に反映させていくことで整体師やセラピストとしての可能性をより大きく広げていくことが可能になるクオリティだと自負しています。

特にVOl.2でお伝えする尿もれや腹直筋離開の改善についてはどちらも17年にわたる産前産後の専門院としての施術経験から導き出された最先端の考え方であり、おそらく史上初の整体手技による直接的な改善を実現することができるようになります。

エクササイズの提案でしか介入できなかった従来の尿もれや腹直筋離開の改善メソッドとは一線を画す内容であり、他の整体院との明確な差別化を図ることが可能になります。

現在一般的に普及している産後向けの整体とは、従来からある普遍的なテクニックを産後の女性に強引に当てはめたものに過ぎません。

それでは産前産後の女性の身体の変化を機能的に説明することができず、結果的に骨盤の開きや歪みといった言葉でお茶を濁すこととなり、形ばかりの整体で「施術したつもり」「治してもらったつもり」で終わっているのが現状です。

骨盤軸整体はそれらの産後の骨盤矯正とは違い、周産期にかけて起こる身体の変化を徹底的に分析し、それらを改善していくためだけにゼロから開発された、全く新しい産前産後の女性のための整体です。

生み出された経緯が他の整体メソッドとは全く違うため、おそらく考え方や理論も一般的に常識として信じられてる内容とは違う部分が多いと思います。

どこがどうして違うのか、そしてどちらがよりクライアントの症状を効果的に改善できるのか。

ぜひベーシックセミナーの後にアドバンスセミナーに参加して、実際に圧倒的な施術結果をご自身で身につけ体験してもらえたらと思います。

参加された皆さん、お疲れ様でした!

骨盤軸整体を施術メニューとして完成させるためには、アドバンスセミナーの受講をお勧めしています。
来月以降の開催スケジュールは以下を参照ください。

骨盤軸整体アドバンスセミナーのご案内

 

皆さんのご参加をお待ちしています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP